Dr.Marketing®により日々の営業活動を一元管理。
すべての活動状況が共有でき、今すぐフォローすべきお客様を優先できる。

1.課題と結果

課題 結果
日毎の営業活動が営業部門と販促部門に分断されていて顧客情報が共有されていない ・同じ顧客に対して、別の営業担当が連絡するなど無駄な活動がなくなる
・次回どのような営業・販促活動を行えばよいのか決める際に参考になる情報が蓄積されるので効率的な営業活動が可能になる
案件の進捗の管理が煩雑になっている ・案件ごとに「いつ」「誰に」「何を」「どのようにして」営業活動を行ったのか進捗管理できるので、適切な時期と方法で受注に繋がる営業アプローチが出来る
効果的な販促活動がわからない ・各販促活動の履歴を管理することで、案件にある販促活動が分かるため、販促活動の計画立案にも役立つ

2.「Dr.Marketing®」導入の背景

- Dr.Marketing®」を導入に至った背景を詳しく教えてください。

営業部門のフロントの活動報告方法を見直すのが目的でした。

従来はメールでその日の訪問先、所感、今後のアクションを案件ごとに報告していました。

営業活動はタイミングが命です。

今後の営業活動に使える情報は共有し、すぐに次回のアクションを考える必要があります。

活動報告の方法を見直し、もっと営業活動をスピーディにするため、Dr.Marketing®の営業管理機能を積極的に使うことになりました。


- 導入の際、不安だったことはありますか?

一般的に新導入したシステムを利用する際は通常の1.5~2倍くらい操作方法の取得までに時間がかかります。

しかし、実際の操作は簡単でシンプルで使いやすいので毎日の営業報告やフォロースケジュール管理に役立っています。


また、マーケティングオートメーションというと便利な機能は多いですが、それぞれ設定が必要なので導入しても結局使いこなせないものが多いですが、Dr.Marketing®は簡単でした。



3.どのように「Dr.Marketing®」を活用しているのか?

- どのように「Dr.Marketing®」を活用していますか?

アイアンドディーの営業担当が主に5つの目的のために利用しています。

  • 営業活動の日報
  • 営業案件ごとの進捗管理
  • お客様からの問合せ管理
  • 新規顧客開拓(インサイドセールス担当)の結果管理
  • 営業が受領した名刺のデータ化



- 活用してみてどのような変化がありましたか?

導入により営業担当は顧客管理システムへの個人情報の登録、修正反映、営業活動の閲覧・確認記録が楽になり、作業負荷が減りました。

営業案件ごとの進捗、結果、今後のフォロー予定管理が楽にできる為、チームで最新の活動状況を共有できるようになりました。



4.「Dr.Marketing®」を導入する前の課題と導入後の効果

- 課題と効果を教えてください。

課題は主に3つありました。


課題①日毎の営業活動が営業部門と販促部門分断されていて顧客情報が共有されていない

これは営業部門、販促部門が設けられている企業ならよくある悩みです。

販促がセミナーやメルマガで得た顧客情報を保有しているだけでは、受注に繋がりません。

逆に営業が日々集めている顧客情報を販促に渡さなければ次回のメルマガの配信リストが増えることはありません。

顧客情報を共有することは非常に大事なことですが、これまで上手くいっていませんでした。


効果
  • 同じ顧客に対して別の人が連絡するなど無駄な活動がなくなる
  • 次回どのような営業・販促活動を行えばよいのか決める際に参考になる情報が蓄積されるので、効率的な営業活動が可能になる
  • 「いつ」「誰が」「何の商品を訴求したか」「どのような販促活動をしたか」が履歴一覧を見ればわかるようになり、今後の営業、販促活動のアプローチ方法を効果的に出来るようになる



課題②案件の進捗の管理が煩雑になっている

効果
  • 案件ごとに「いつ」「だれに」「なにを」「どのようにして」営業活動を行ったのか進捗管理できるので、適切な時期と方法で受注に繋がる営業アプローチが出来る

課題③効果的な販促活動がわからない

展示会に出展したり、他社と共催セミナーを開催したり、メルマガ配信したり…今まで色々な販促活動をしてきました。

しかし、個人と販促活動を紐づけて管理をするにはデータ入力と測定に手間がかかります。

データ管理をもっと楽に、スピーディにする必要がありました。


効果
  • 各販促活動の履歴を管理することで、案件になる販促活動がわかるため、販促活動の計画にもつながっている


5.社内での「Dr.Marketing®」の評価

- 営業部門の責任者の1人としてどのあたりに満足していますか?

個人やチーム単位で管理されていた活動状況を可視化し、共有することで案件の属人化を防げるようになりました。

例えば、お客さまに誰がどのようなアプローチをかけているか営業部門の者なら誰でも分かるので、緊急時でも迅速に対応できるようになりました。

営業部門の責任者としては、営業担当1人、1人の仕事を評価し易くなりましたね。

「なぜ受注に至ったのか?」「誰がどのようなアクションを起こしたのか?」

顧客への営業履歴を見れば一目瞭然です。


また、過去の活動情報が登録されているので、メルマガ配信するにしても、テレマをするにしてもターゲットを抽出するのが楽になりました。

ターゲットを抽出するだけでも、色々なエクセルを引っ張り出して精査する必要があったので、作業負荷が減り助かっています。


- 社内でどのように評価されているますか?

販促担当と営業担当の確認事項のやり取りがコンパクトになり、互いに自分のタスクに集中できるようになったと評判ですよ。

今までは各々の活動が分断されていました。

例えば販促担当が電話でアポイントを取る際、直近で営業担当が接触していないか適宜確認を取っていました。

お客様へ同時期に同じアプローチをしないようにする為には必要な確認でしたが、それが1日に何件も起きると、自然と互いの作業効率は下がります。

Dr.Marketing®はクラウドなので、ブラウザで情報収集することができます。

ですからインターネット環境さえあればどこでも、1人でも過去の活動を確認できます。

新人でも過去のやり取り履歴を見ながら電話すれば、見込みのあるアポイントを取ることは可能になりましたね。



6. 今後の「Dr.Marketing®」への期待

- 「Dr.Marketing®」に何を期待しますか?

実際に使用して判明する様々な要望や不具合を迅速に改善しております。

我々だけではなく他のお客様の要望もどんどん拡張してほしいです。

時代に合わせて、どこよりも使いやすく便利なマーケティングオートメーションを共に作ってゆきたいです。



この事例を読んだ方は、こんな事例にも興味を持っています

小池氏

マーケティングと営業活動の情報が共有できるようになって大変便利です。

株式会社ニックス様

担当部門:ICT利活用業務カイゼン支援担当


funaisoken

メールを活用した集客ノウハウの整理に役立ちました。

株式会社船井総合研究所様

担当部門:IT企業コンサルティングチーム