ナーチャリングは手段?目的?

”ナーチャリング何のために行うのか?”回答に詰まるマーケティング担当者様が意外と多くいらっしゃることに最近気づきました。ナーチャリングは手段。既に皆様がご存知のように、ナーチャリングは定期的に情報提供を行うことで見込客の購買意欲を高め、顧客にする取組です。すなわち手段であり、これ自体がマーケティングの目的ではありません。では目的は?

成功の法則について

松下幸之助の「成功するまでやれば成功する」と言う言葉がありますが、私は、この言葉に前提条件をつけたいと思います。それは、「夢に出るくらい、考え続けて、成功するまでやる」ということです。ただ、のんべんだらりとして、続けても成功するわけはありません。当社の理念である「当たり前のことをきちんとやる」ということを継続すれば成功に近づくのではと思っています。

BtoBマーケティングに使える「データベース」を構築するためには?

顧客や見込み客のデータを販促活動に効果的に使うためには、「データクリーニング」が必要不可欠です。「データクリーニング」とは、古くなった企業や顧客の情報を定期的に更新し、データを秩序立てて標準化することです。「データクリーニング」により、マーケティング施策の効果を高めることができます。

【Dr.Marketing導入事例】ダイヤオフィスシステム株式会社様 ~展示会でお客様との接点を増やすために『Dr.Marketing』を活用~

今回は、弊社『Dr. Marketing』をご利用頂いている企業様の活用事例を紹介させて頂きます。ご紹介するのは、年に数回出展している展示会から大量のリード獲得をされているダイヤオフィスシステム様です。 オフィスの移転・リニューアルから、オフィスセキュリティ、ネットワーク通信機器、コピー・複合機・FAX、オフィス用品まで、 オフィス環境をワンストップでサポートしている会社です。今回、Dr. Marketing導入を決めていただいた理由は、従来ご利用されていた展示会システムの課題が解決できる点でした。