営業のコツは心理学に学べ!~テレマーケティングの場合~

-shared-img-thumb-PASONA_9_TP_V



営業やテレマで使える心理学

春風にのってほのかな花の香りが漂うころとなりましたが、
マーケティング担当の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

営業、テレマーケティング担当の方は日々様々な人とコミュニケーションを
とっていらっしゃいますね。
アイアンドディーにテレマーケティングを依頼される営業の方から来る質問として
多いのが、
「役職者から簡単にアポイントを獲得する方法はないのか?」
です。

「ソレが分かっていたら今頃日本の営業マンはハッピーだよ!」
おっしゃるとおりです。
ですが、ちょっとの知識で前よりアポイント獲得出来るようになったら
素敵なことじゃありませんか?

是非今回はだまされたと思って実践してみてください!


具体例で学ぶ営業×心理学

◆ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック◆
上司「すまんが、今週の土曜日出勤してくれないか?」
新人「(えー…やだなあ)すみません…実家に帰省する飛行機が取ってありまして…」
上司「そうか。なら今日1時間だけ残業してくれないか?」
新人「(え?!たった1時間でいいの?)承知しました。」

最初に大きな要求をしてから小さな要求にするのがこの
「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」です。

テレマーケティングに置き換えるなら…
お客「へー確かに良い商品なのは分かったよ。
でも値段高いんでしょ~?」
貴方「確かにこちらもろもろ含めて100万円しますね。
しかし今なら5万円でご提供可能なキャンペーン実施中ですよ。」
お客「(えっちょっと値引きしすぎできな臭いけど、お得だな…)
ちょっと詳しく聞かせて」

◆第三者話法◆
女性1「最近肌荒れがひどくって新しい化粧品欲しいんだよね」
女性2「それなら読モの○○ちゃんが使ってる保湿クリーム使いなよ~」
女性1「え!あの○○ちゃんが使ってるの~?私も買おうっと♪」

営業担当とターゲット以外の第三者からのプラスの意見を聞くことで
人は商品への信頼度が高まります。

テレマーケティングに置き換えるなら…
お客「そんなに良い商品なら同じ業界の誰だって使ってるんじゃない?」
貴方「さようでございます。ちなみに業界トップの○○会社の営業部長には
先日ご好評頂き追加で発注いただきました」
お客「え!あの○○で?すごいなあ!…うーん、導入は分からないけど、
ちょっと詳しく話聴かせてくれないかな?」

このようにスムーズにいけば万々歳ですが、実際は簡単にいきませんよね。
しかし、普通に訴求するより、確実に相手の興味をひくことが出来ます

騙されたと思って是非一度試してみてください!

今までも営業トーク×心理学のコラムを書いております!
ご興味ある方は是非ご一読くださいませ♪

~テレマーケティング+心理学=相手の心を動かす会話術~
http://www.iad.co.jp/telesales/column/archives/289

第2弾!テレマ+心理学=相手の心を動かす会話術
http://www.iad.co.jp/telesales/column/archives/381

今回ご紹介したテクニックはあくまでも小手先を利かせたものです。
相手の興味を引くトークスキルをモノにしたければ、
やはりセンスとスキルを地道に磨くほかありません。
そんなセンスとスキルを兼ね備えたコール担当のサービス情報はこちら・・・
http://www.iad.co.jp/telesales/column/

参考
返報性の原理
http://ur0.pw/sY0B