【興味ない人向け】甲子園の楽しみ方

暑くなってきました!
この時期になると甲子園が始まり、ファンからすれば楽しい季節となりました。


今年も、第99回全国高校野球選手権大会が8/7(月)から開催されます。
興味のある人からすれば楽しみですが、興味のない人からすれば、「朝から若い坊主の子たちが野球頑張ってるな~」程度なのかなと感じます。そこで今回は、興味のない方々に向けた甲子園の楽しみ方を伝授したいと思います!

①試合より試合前に注目!

理由は一つ、感情移入をするためです。

初めて見るのに面白かったと思えたテレビや、本や、映画などを自分なりに振り返ってみると、何かしら感情移入をして見てたものだと考えました。

しかし、知らない高校、知らない選手、むしろ野球のルールよくわからん…という方々に、感情移入をお勧めするのは酷ですが、ライトなおすすめ方法として是非、試合前の30分に注目してみてください。

すると、その高校の紹介VTRや、キャプテンがチームメートを紹介するコーナーがあり、感情移入チャンスが訪れます。苦労が見えるチームは応援したくなりますね。

更に別のチャンスとして、テレビ朝日にて23:10~40に放送される「熱闘甲子園」をお勧めします。ドラマテイストの番組構成なので、野球をよくわからない方でも、きっと応援したくなるチーム/選手が見つかると思います。

②”流れ”に注目!

うるさいと言われている某サッカー解説者(私は大好きです)が、「これは流れから生まれた点」や「流れが悪かったね」などと、スポーツの”流れ”について解説でたまに言っておりますが、おそらくスポーツ観戦を普段しない方には、スポーツの流れとは一体何のことだと思っているのではないでしょうか。

甲子園では、この”流れ”がよく目に見える大会なので面白いです。

1つのミスで優勢だったチームが負けてしまうことや、1つのナイスプレーから劣勢を逆転してしまうようなことがよくあります。

挙げられる要因としては、いきなりプロの本拠地で、何万人の観衆に見られる、そして負けたら夏が終わってしまうなどなど緊張する要因がたくさん予測できます。

1球でガラリと雰囲気が変わるので、ひと時も目が離せないです!
ボーっと試合を見てるだけでも、何となく”流れ”がわかると思いますので、是非”流れ”に注目してみてください。

③全ての甲子園球児に注目!

やはり一番良いと思える点は、負けたらおしまいの緊張感の中、出場する全ての選手が色々なものを背負い、全力で勝ちに行く姿です。全力で野球に取り組むその姿は自然と尊敬してしまいます。見てるうちに自分も何か頑張ろうと思えるはずなので、興味のない方も、この夏は甲子園を見てはいかがでしょうか!

投稿者プロフィール

koz
koz
データソリューション部 所属

自分に対しても周りの方に対しても、健康第一を目指しています。
スポーツ全般大好きだけど、太陽はちょっと苦手です。