WEBプロモーションがうまくいかない理由

本日は、船井総研様からのFAXニュースリリースで素晴らしい内容が配信されて来ましたので、皆様にご紹介したいと思います。

ご担当の佐久間様は、当社とお付き合いのある方で何度かお会いしています。

++++引用開始++++

■なぜWEBプロモーションがうまくいかないのか

広告会社、印刷会社経営研究会主宰 佐久間俊一

皆様は、WEBプロモーションを積極的に展開されていますでしょうか。

私は広告ビジネスを専門にコンサルティングしており、全国のさまざまな
業種と規模のWEBプロモーションに携わっています。
その中でよく聞く言葉があります。

「WEBもやったけど、あんまり結果出ないんですよね」

皆さまにも思い当たる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

■配信だけでワクワクしますか?

その多くの要因の一つとして「ただ配信しただけ、ただキーワード広告を
かけただけ」というものが挙げられます。

言い換えると、企画をしっかり練っていないことが多いのです。
折込チラシのデータをただ流用しただけ、去年と同じ企画で、
ただ商品写真をWEBで展開しただけ…。

これでは、WEBであっても折込チラシであっても、お客様が反応するはずが
ありません。お客様は、WEB広告が配信されてきたら無条件に行動に
移すわけではありません大事なのはその内容です。配信している企画内容は、
お客様がワクワクするものになっているでしょうか?

お客様が「それは見てみたい!まず行ってみよう!」と行動につなげやすい
誘い水となっていますか?

多くは、自社の願望を売り込んでいるだけで、お客様を楽しませたり最初の
アクションをしやすい企画になっていないケースが多いのです。

また、WEBで分析することにおぼれる企業があります。これは分析することに
酔いしれてしまっているため、それを続けているとお客さまを楽しませる
企画要素が欠如していくのです。

私ども広告・印刷グループがWEB戦略を立てる際に最も重視しているのが、
この「企画力」です。ただ配信するだけ、キーワード広告だけ、自社サイトを
作り変えただけ、商品の写真と価格を見せるだけ、という「○○だけ」という
状態では、WEB展開はうまくいきません。

企画、デザイン、配信媒体、配信タイミング、配信ターゲットの全てが
掛け合わさることで、WEBはとても大きな効果を生み出してくれるのです。

今一度、WEBの企画がお客様をワクワクさせるものになっているかを、
見つめ直してみてください。

当社でもお客様にマーケティングオートメーションであるDr.MarketingやDr.Salesをご提供していますが、参考にして下さい。

少なくともお客様に良いことはあっても、迷惑になるようなことが無いように良いものを開発し、お客様が「ワクワク」して利用頂けるような製品とサービスを提供して行きましょう。

投稿者プロフィール

福重 広文
福重 広文

株式会社アイアンドディー 代表取締役社長
エグゼクティブ コンサルタント
鹿児島県出身
■ コンサルティング分野:
製造業設備、設計・CAD・CAM・CAE、ロボット、生産管理系IT、ERP、電話道®(インサイドセールス、テレマーケティング、テレセールス)、B2Bマーケティング全般、セミナー支援、効果的なダイレクトメール作成方法、通販関係、貿易業務、海外進出