企業データ一覧

法人情報提供の企業について

日本国内での企業情報は、ダイヤモンド社、東京経済新報社、帝国データバンク、東京商工リサーチ、日本経済新聞社などにより提供されている。電話帳では、NTTタウンページ株式会社、地図ではゼンリンなどがある。

マーケティング担当になったら最初に見たい2つのサイト BtoBマーケティング版

『君、明日からマーケティング担当。よろしく。』上司からそう言われました。まずは、あなたは何をされますか?(何がわからないかもわからない。。。)そんな漠然とした不安をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ご参考に。

来年はどうなるBtoBマーケティング?外資系企業支援プロジェクトからトレンドを探る

2015年後半から”社名”だけのリストについて相談頂く機会が増えました。どうやらグローバルのトレンドに影響している模様。外資系企業のお客様ご支援事例から、2016年に注目されそうな施策に迫ります

BtoBマーケティングで一番大切なものは何? ~リードナーチャリングについて振り返る~

すごい施策?沢山のリスト??マーケティングツール??? 大切なもの。みなさんはどのようにお答えになるのでしょう。 もっとも基本的な問いについて、最近のプロジェクトを振り返りながら考えてみた。

ハイタッチセールスで案件を増やしたいけどどうすればいい? パートナービジネスの拡大施策で抑えたい3つのポイント

メーカー系企業のマーケティング担当者様の一つの悩み。『自由に活用できる見込リストが少ない』パートナー(代理店)経由で自社製品を購入した企業や...

NO IMAGE

【企業情報取扱は、だれが担うべきか?】

社内で情報を収集し利用を促す部署はどこが良いだろうか?一般企業では情報システム部門や経営企画部門、販売促進部門などである。まず、情報システム部門が社内インフラの構築や<br />各種ソフトウエアのプログラムを担っているのであれば、企業情報取り扱い部門としては、不適格な部署だろう。

NO IMAGE

【日本の企業情報提供会社について】

帝国データバンクと東京商工リサーチの相違点1.保有企業数 帝国データバンクは143万社、東京商工リサーチが281万社とHPに掲載している。 2.業種<br /> 両社の業種分類は、大、中、小、明細とあるが、両社とも少しづつ異なる。基本的に経済産業省が公開している「日本標準産業分類」が基本になっている。