フォーム

フォーム

セミナー受付、Webお問い合わせ、アンケートフォームへ入力された情報は、データベースへ自動的に登録されます。
複数のセミナーにも対応した多機能フォームなので、小規模、大規模を問わずご利用いただけます。





Webフォームとデータベースが連動

Webフォームとデータベースが連動

資料請求やセミナー受付フォームに入力された情報は、自動的にデータベースへ登録されます。

メールで受信した情報を、システムやエクセルへ入力していた作業がこれでなくなります。


個人データとして登録されるのはもちろん、データ取得美情報やデータ取得媒体も履歴として残るので、今後マーケティング施策を打つ際に細かな条件抽出が可能となります。



管理画面でWebフォーム内容を修正

セミナーなどを開催する場合、参加申し込みフォームを作成しなければなりません。


Dr.Marketing®ならWeb担当者がページを作成する必要がありません。

Dr.Marketing®のイベントマスタへ登録した内容が自動的にWebページへ申し込みフォームとして反映されます。


画像は「フォーム編集」画面と実際のフォームのスクリーンショットです。

イベントマスタ登録画面
イベント案内ページ
※画像をクリックすると拡大します。


複数のセミナー受付にも対応

同時に複数のセミナーを開催することがあります。セミナー受付画面で、一度に複数のセッションに申し込めるので、ユーザーは最小限の操作で済みます。

もちろん、個人情報とイベント履歴が自動的に登録されるので、その後の受講票送付作業やアフターフォローも手間がかかりません。


画像は「複数セミナー申込」画面のスクリーンショットです。


※マルチセッション(同時刻開催)セミナー受付機能は、現在開発予定です。

マルチセッションセミナー申込画面
※画像をクリックすると拡大します。