I&Dホーム  »  法人向けメールマガジン  »  メールマガジンバックナンバー 2010年9月3日配信

I&D News「9/16(木)プロモーション戦略策定セミナー開催!」

2010年9月3日 配信


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
アイアンドディーBtoB新規リード獲得の最新情報
 〜寝ても覚めてもリード管理〜
I&D News 2010/09/03
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

目次

◆1.新規顧客獲得のための営業プロセスとは
   〜プロモーション戦略策定から実施まで〜

◆2.リードを管理して誰が得するか?
   〜販売促進から受注への仕組み作り〜

◆3.孫子の兵法から学ぶB2Bマーケティング
   〜2500年前から変わらぬ基本〜その2〜

───────────────────────────────────◇


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆1.新規顧客獲得のための営業プロセスとは
   〜プロモーション戦略策定から実施まで〜

すぐ実践できる内容を紹介し、
セミナー直後からプロモーション戦略策定に取りかかれます。
訴求ポイントの洗い出しや製品ごとのターゲット仮説などの準備を通して、
DMやメルマガ、ランディングページの制作・運用など
具体的なマーケティング戦略を策定し、実施例で明確なイメージがつかめます。
※定員6名、参加費無料

2010年9月16日(木)18:30〜19:30

場所:アイアンドディー セミナールーム

セミナー詳細はこちら
⇒ (URL)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆2.リードを管理して誰が得するか?
   〜販売促進から受注への仕組み作り〜

リードを管理をして得するのは、営業マンです。
見込み客の確度を高め、受注への近道を作るので、
営業マンが一番得すると言えます。

販促部門は、営業マンにホットリードを伝え、
営業マンは訪問後にフィードバックします。
この手間のかかる活動を続けることで、
会社の売上が伸び、ノウハウが財産となります。
この活動を簡単に管理できないかと考えた結果、
I&Dはリード管理システムの開発に至りました。

初めて知る方も、ご無沙汰の方も下記ページをご覧ください。
⇒ (URL)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆3.孫子の兵法から学ぶB2Bマーケティング
   〜2500年前から変わらぬ基本〜その2〜

謀攻編 第三の参

彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず。
彼を知らず己を知らざれば、戦うごとに必ず殆うし

敵を知り、己を知るならば、絶対に敗れる気遣いはない。
敵をも知らず己をも知らなければ、必ず敗れる。

この文章はまさにB2Bマーケティングの入門編とも言える
含蓄の深い内容です。

B2Bマーケティングのセミナーで、いつも話していますが、
まず、マーケティング活動を実施すると決めたなら、
「訴求ポイント洗い出し表」を使って自社の製品やサービスに
関する下記のような訴求ポイントを洗い出します。

1)ターゲット業種/部署/役職者
2)ターゲット業界の動向
3)ターゲット企業/部署/役職者が持つと想定される課題
4)想定課題を解決する自社訴求製品/サービスは?
5)自社製品/サービスの特徴
6)自社及び製品/サービスの強み
7)製品/サービスの金額
8)競合情報

このような指標がない限り、
いくらテレマーケティングを実施しても良い結果は出ません。
私の知るところでは、この訴求ポイント表を十分社内で吟味して、
空白を埋める作業をしてマーケティングを
実施した場合とそうでない場合で
結果に数倍の開きがでることになります。

全文は、社長ブログでお読みください。
⇒ (URL)


−END− 

このページの上へ