I&Dホーム  »  法人向けメールマガジン  »  メールマガジンバックナンバー 2010年10月5日配信

I&D News「展示会で獲得した名刺を、すぐ使うなら!」

2010年10月5日 配信


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
アイアンドディーBtoB新規リード獲得の最新情報
 〜寝ても覚めてもリード管理〜
I&D News 2010/10/05
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

目次

◆1.金曜終了イベントも月曜からフォロー
   〜名刺・アンケート入力〜

◆2.訴求ポイント洗い出しこそ販促の命
   〜I&DのBtoBテレマーケティング品質〜

◆3.孫子の兵法から学ぶB2Bマーケティング
   〜2500年前から変わらぬ基本〜その3〜

───────────────────────────────────◇


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆1.金曜終了イベントも月曜からフォロー
   〜名刺・アンケート入力〜

「早い、正確、安心」がI&D品質!
データは二度入力だから正確です。
そして、Pマーク取得済み、かつ国内で入力しているので、
納期が早くて安心です。

名刺・アンケート入力の価格はこちら
⇒ (URL)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆2.訴求ポイント洗い出しこそ販促の命
   〜I&DのBtoBテレマーケティング品質〜

9月9日に開催したセミナーでは、
参加者に「訴求ポイント洗い出し表」を記入していただきました。
優秀な方ばかりで、明確に商材の強みや
競合企業を把握していました。

「訴求ポイント洗い出し表」は、I&Dのテレマーケティングを実施する上で
非常に重要な資料となり、確度の高いアポイント獲得に強く影響します。
もちろん、自社内でも使っており、
テレマに限らず、WebやDM作成など販促全般に活かしています。

I&DのBtoBテレマーケティング、強みは何か?!
⇒ (URL)

※「訴求ポイント洗出し表」は弊社のコール担当者が考案してものです。
出来上がって見ると、ドラッガーが言う「事業コンセプト」の項目に
類似していました。ただ、より具体的な内容となっております。

この「訴求ポイント洗い出し表」が必要な方は、下記からご請求ください。
⇒ (URL)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆3.孫子の兵法から学ぶB2Bマーケティング
   〜2500年前から変わらぬ基本〜その3〜

今回は経営幹部のあり方について
孫子の言う点で現代に比較してみましょう。

■始計篇 第一の弐

「将」とは、智、信、仁、勇、厳なり

この項は、将軍や大将がいかなる器を備えていなければ
ならないかということを示唆しています。

現代に当てはめてみることにします。

■まず、「智」は先見力や対応能力のことで、これは企業では
課長以上の役職者には大切なことかと思います。
深い読みのできる能力、洞察力のことです。

常に智を磨く努力を続けなければなりません。

■2番目に「信」ですが、これはまさに信用や信頼のことです。
うそをつかず、約束したことを必ず守る。
顧客に一度約束したことは必ず守る。
良く見積で提出した納期などを平気で変更する人を見ますが、
とんでもないことです。

また、部下に約束したことを何度も
「あの話はなかったことにしてくれ」と言うと、
部下はついてこなくなるのは当たり前です。

一番失敗するのは、酒席などで、簡単に約束してしまうことです。

■「仁」とは相手を思いやる、心の温かさ
こちらは、相手を思いやる気持ち、
立ち場になって考えてやることです。心の温かさでしょうか?

こちらはなかなか出来ることではないですが、
聞く相手が自分のことを真剣に考えて、しかってくれていると感じると
納得してくれると思います。
厳しさの中のやさしさでしょうか?

全文は、社長ブログでお読みください。
⇒ (URL)


−END− 

このページの上へ