I&Dホーム  »  法人向けメールマガジン  »  【メールマガジンバックナンバー 2011年10月7日配信

【I&D】セミナー・展示会の集客でお悩みではないでしょうか?(第2弾)

2011年10月7日 配信


お世話になっております。
アイアンドディー岡崎です。


みなさんも、ニュースでご存じかと思いますが、
昨日は、衝撃的なニュースが飛び込みましたね。


米アップルのスティーブ・ジョブズ氏が、
お亡くなりになりました。


私は学生時代、化学を専攻していたこともあり、
化学系のソフトが充実していた、マックを
愛用しておりました(PowerBook 180)。


研究室には、Classic2や、IIciといった機種があり、
この名前を見て、懐かしまれる方も、いらっしゃるのでは
ないでしょうか。


その後のアップル社の製品については、新製品発表のたびに、
わくわくさせされたものです。


ご冥福をお祈りいたします。


-----

ところで、

マーケ・販促の方は、本格的なイベントシーズンに入り、

営業の方は、案件の受注に向けて、

寒さを感じていられないほど、多忙な時期ではないでしょうか?



ところで、前回、

セミナー・展示会の集客に役立つツール(データ)として、

【ダイヤモンド社 「役員・管理職情報ファイル」】

をご案内させていただきました。

http://www.iad.co.jp/service/others/ei/diamond.html



集客に苦労されているご担当の方が、多いようで、

多くの反響をいただきました。



■今回は、

【集客に役立つ手法 第2弾】

をご紹介させていただきます。



■セミナーや展示会の告知方法として、

みなさんの会社のWeb上に、

案内を掲載しているかと思います。


でも、その効果測定は、

どのようにされているでしょうか?



■「セミナーの申込数で測定している」

「セミナーサイトのPV(ページビュー)数を見ている」

といった測定ではないでしょうか。


実際のところ、申込があるのは、

【セミナーページを閲覧した人の 数%程度】

ではないでしょうか。



■例えば、申込率が5%とした場合、

100人 セミナー案内サイトを閲覧した場合、

5人は申し込んでいただいたが、

95人は帰っていってしまった。。。

ことになりますよね。



■通常、申し込まずに帰っていってしまったお客様の

データは分かりませんが、

帰ってしまったお客様のデータが分かるのなら、

それを見てみたいと思いませんか?



■「そんなこと、本当にできるの?」

と疑問に思われるでしょうが、

申込されずに、帰ってしまったお客様のデータを

「見える化」

することができる方法があるのです。



===========================================================
貴社のWebが最強の営業マンに!

「らくらく顧客開拓」

ホームページアクセス企業情報が、
リアルタイムにわかるWebアクセス解析ツール

http://www.iad.co.jp/service/others/kaitaku/

===========================================================


■「アクセス解析ツールなら、うちの会社でも使っているよ」

そう言われるお客様も、多いかと思います。

しかし、この「らくらく顧客開拓」は、

他のアクセス解析ツールにはない魅力があるのです。



■私が前職(IT企業のマーケティング)の際、

Webのアクセスログデータから、IPアドレスを引っ張り、

IPアドレスから、どの企業からアクセスがあったのか、

力技で調査していました。

(だいたい、夜〜深夜にかけて、黙々と作業していました(涙))


アクセス企業が分かった後は、

そのお客様企業のWebサイトを見て、

会社概要をクリックし、

業種、売上、従業員数、所在地

といったことを、全て手作業でやっておりました(さらに涙)


こんな状況ですので、1社分のアクセス解析から、

企業情報調査までの時間が、相当かかっておりました。



■他のアクセス解析ツールでも、

ドメイン名(xxx.co.jpなど)が分かるものと、

中には、企業名まで分かるものがあります。



■ところが、

「らくらく顧客開拓」

は、アクセスした企業名だけではなく、何と、

業種、売上、従業員数、上場区分、資本金、代表者

といった企業情報まで

リアルタイムで解析・表示できるのです!



■例えば、セミナー集客のターゲットを

業種:製造業
売上:100億〜500億

とした場合、この条件に当てはまらないお客様は、

今回は、集客の対象になりませんよね。



■今回、一番言いたい、活用方法を言います。

貴社のWebサイトに、「らくらく顧客開拓」を

導入いただければ、上で申し上げた、

【セミナー案内ページを閲覧したが、帰ってしまったお客様】

が、

【どの企業のお客様なのか?】

といったことが、明確に分かります。


ここまで分かれば、

アクセスのあったお客様企業に、

DMや電話をすれば、集客率が高まると思いませんか?



■高いお金を払って広告を打たれたり、

むやみにDMを出して、ムダなコストを使われたり

することに比べたら、

【興味をもって、貴社のサイトに訪れた企業】

が分かるので、より確実な方法かと思いますが、

いかがでしょうか?



■弊社でも、昨年の12月に、

「らくらく顧客開拓」を導入し、

【どの企業からアクセスがあったのか】

【そのお客様は、どういったキーワードでアクセスされたのか】

【さらには、どのページを閲覧されたのか】

といったことが分かり、弊社自体の販促に活用しています。



■一部のお客様には、「らくらく顧客開拓」を、

既にご紹介させていただきましたが、

最も早いお客様は、

30秒

で即決されました。


(私自体も、弊社導入の際は、即決でした)



■「らくらく顧客開拓」

についての詳細情報は、下記サイトに掲載しておりますので、

よろしければ、ご参照ください。

http://www.iad.co.jp/service/others/kaitaku/



■「詳しい情報を知りたい」

「デモを見てみたい」

というお客様は、こちらのメールにご連絡いただくか、

担当営業までご連絡ください。



■「ツールを入れただけでは、結果につながらない」

そう言われるお客様も、いらっしゃるかと思います。

しかし、

【今まで「見えなかった」ものが、「見える」ようになる】

ことは、1つの大きな成果ではないでしょうか。



■もちろん、アイアンドディーでは、

「らくらく顧客開拓」の結果を、お客様のビジネスにつなげるべく、

・DMデザイン・代行発送

・テレセールス など

などのダイレクト手法を合わせた、ご提案が可能です。




以上、長文になりまして恐縮です。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。



今週末はまた連休ですね。

私は、子供の運動会があるので、張り切りすぎて、

ケガをしないよう、注意したいと思います。



アイアンドディー 岡崎 



このページの上へ