I&Dホーム   »   法人向けメールマガジン   »   メールマガジンバックナンバー 2012年6月14日配信

【無料セミナー】『第2回 B2Bマーケティング道場』バリュープロポジションの演習

2012年6月14日 配信


========================================================================
このメールは、セミナーなどに参加された方、お問い合わせいただいた方、
弊社スタッフと名刺交換された方にお送りしています。
========================================================================

いつもお世話になっております。アイアンドディーの多加谷でございます。

昨日(6/13)に全18回シリーズで開催する無料セミナーの第1回目の
『B2Bマーケティング道場』を開催させていただきました。
今回はセミナー開催のご案内が直前となってしまいましたが、それでも
満席状態。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

さて、次回、第2回目の『BtoBマーケティング道場』のテーマは…

  『バリュープロポジションの演習』です。

今回は、第1回目ということもあり『BtoBマーケティングの概要』というテーマ
でした。
ちょっと物足りない感じもあったかもしれませんが、第2回目からはいよいよ
実践編に入り、参加される皆様に「バリュープロポジション」の策定を体験い
ただきます。


 <目次>-------------------------------------------------------------
 【1】全18回無料セミナー『第2回 B2Bマーケティング道場』
 【2】同時開催!『第2回 メールマーケティング道場』
 【3】サイトにアクセスした企業名が分かる!その後の効果的アプローチ法は?
 --------------------------------------------------------------------
┳━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【1】┃I&Dマーケティングセミナー ★全18回シリーズ開催無料セミナー★
┻━━━┫============================================================
        ┃『第2回 B2Bマーケティング道場』バリュープロポジションの演習
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第2回目の「BtoB マーケティング道場」のテーマは、

 「バリュープロポジション」の演習です。

 バリュープロポジションとは、届ける価値の約束であり、それを体験する顧客が
 信頼を置くものでなければなりません。

 バリュープロポジションを作るプロセスは、企業や組織が外部もしくは社内に
 対して一貫したメッセージを発信するための青写真作りと言えます。

 今回のセミナーでは、お客様に発信する内容を参加者全員で、グループを組み
 策定し、発表・検討するプロセスを実施致します。



■概要<<第2回『BtoBマーケティング道場』&『メールマーケティング道場』>>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*プログラム:16:00〜 第1部「バリュープロポジションの演習」
             17:00〜 第2部「メール配信の失敗事例」
*日      時:2012年6月28日木曜日 16:00〜18:00
*場      所:株式会社アイアンドディー セミナールーム(代々木上原駅徒歩5分)
*対      象:営業・マーケティング・販売促進・webご担当者様
*参  加  費:無料
*定      員:10名

 ▼セミナーの詳細・お申し込みはコチラから▼
  http://www.iad.co.jp/seminar/


┳━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】┃I&Dマーケティングセミナー ★同時開催★豪華2部構成★
┻━━━┫============================================================
        ┃『第2回メールマーケティング道場』メール配信の失敗事例
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回のセミナーも2部構成で開催します。

 第2回『メールマーケティング道場』のテーマは…

 「メール配信の失敗事例」

 成功するためには、過去の歴史から失敗を学ぶことが重要です。
 成功するためには、まずは「失敗しないこと」

 師範代自らが体験した顔面蒼白レベルの失敗事例も含めてご紹介いたします。

 ▼セミナーの詳細・お申し込みはコチラから▼
  http://www.iad.co.jp/seminar/

---------------------------------------------------------------------
お忙しいとは存じますが、是非ご調整のうえ、ご参加くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

┳━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3】┃サイトにアクセスした企業名が分かる!
┻━━━┫============================================================
        ┃でも、その後の効果的アプローチ法は?
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさまもアクセス解析はされているかと思いますが、実際は
 PVが… CVRが… 検索キーワードは… なかなか細かな分析まではできていない
 という方も多いかもしれません。

 問合せ・資料請求フォームからお申込み等があればよいですが
 その前に離脱されてしまう方の方が数としては圧倒的に多いはずです。

 『ウチのサイトにアクセスした企業が「企業名」が分かれば楽なのに…』

 そんなお悩みにお答えするサービスが『らくらく顧客開拓』です

 >>>  http://www.iad.co.jp/service/others/kaitaku/

 サイトにアクセスした企業のIPアドレスから企業名が分かります。
 一般的なアクセス解析機能もありますので、

 「どの企業」が「どのキーワードで」「どういうページ遷移で」
 といったことも把握できます。

 ところが…

『企業名が分かったところで個人名が分からなければアプローチできない…』
 と言った声もよくいただきます。

 それならアイアンドディーの「電話道(テレマーケティング)で!」という
 方法が一番なのですが、もうひとつ効率的なアプローチ方法があります。

 『アクセスした企業のサイトの問合せフォームを利用』する方法です。

 自社のどのサービスのページを見たか「らくらく顧客開拓」でチェックすれば
 個人名は分からなくても、アクセスした企業の方がどの部署かは想像できます。
 そこで、先方のサイトの問合せフォームから「問合せ」をすれば、担当部署の
 方の目に留まる確率は、代表電話番号へ電話をするよりも高くなります。

 他にも…

  「新規で営業訪問したお客様」「メール配信後」「資料送付後」に
   「らくらく顧客開拓」でアクセス状況、どのページを見られたかを
   確認することで、お客様の関心度をチェックすることもできます。

 というメリットがあります。ご興味ある方は一度ご検討・ご相談くださいませ。

 ▼らくらく顧客開拓はコチラから▼
  http://www.iad.co.jp/service/others/kaitaku/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
※本メールは、Dr.Marketingを使って配信しています
────────────────────────────────────
【作成・配信】
株式会社アイアンドディー
〒151-0065 東京都渋谷区大山町46-18 エステパ代々木上原2F
電話:03-5452-1840 FAX:03-5452-1841
URL http://www.iad.co.jp/

【ご意見、お問合せ、アドレス変更】
⇒ cr@iad.co.jp

【個人情報のお取扱いについて】
http://www.iad.co.jp/privacypolicy/privacy.html

このページの上へ