I&Dホーム  »  法人向けメールマガジン  »  メールマガジンバックナンバー 2014年10月30日配信

【事例紹介】マーケティングDBの一新でSTPマーケティングを実践!その成果は… I&Dメール 2014年10月30日号

2014年10月30日 配信



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
  I&Dメール 2014年10月30日号
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


お世話になっております。
アイアンドディーの佐藤です。


ハロウィンが目前に迫っているせいか
街なかでもちらほらと仮装した人たちの姿を目にします。
先日も、井の頭線で小さなジャック・スパロウに会いました。

すっかり定着した感のあるハロウィンですが、
そのきっかけは1997年に始まったディズニーランドのイベントだそうです。
ここ数年で定着したと考えても10年以上の時間を要した訳です。

成果が現れるまである程度時間がかかるのは当然として、
いかに継続していくかが大切なのだとあらためて感じますね。



■ところで、、、

IT業界では今月になってHP社、シマンテック社と
立て続けに分社化のニュースが飛び込んできました。

さらに遡ればIBMのx86サーバのレノボへの事業売却もありました。

このところ市場再編の動きが活発になっているようです。



■あるお客様の話

市場再編のタイミングをビジネスチャンスと捉え、
積極的にアプローチを仕掛けている企業もあるようです。

そこに本当にビジネスチャンスがあるのか?
チャンスを逃さないよう素早く仮説検証を行うために
電話を使ったアプローチが有効な手段の一つとなっています。


短時間に低コストでアプローチができるという電話の特性に加え、

営業社員と遜色のない「ヒアリング力」
キーパーソンを見つける「コンタクト発掘力」

がプロジェクト成功のカギになるそうです。


電話でどの程度のヒアリングができるのか?
本当にキーパーソンに辿り着けるのか?
事例の一部をこちらのページにてご紹介しております。

http://www.iad.co.jp/case/case_denwado/



■今年も残すところ2ヶ月あまりとなりました。

そろそろ来年、来期の計画を具体化させていく時期ではないでしょうか。

営業活動にしろマーケティング活動にしろ、
活動の基盤となるのは「ターゲットを明確化すること」です。


・自社のターゲットとすべきなのはどのような企業か
・ターゲットとなる企業はいったい何社くらい存在するのか
・ターゲット企業に対して、過去にどの程度のコンタクトがあるのか

上記のような質問に答えられる企業は実は極々少数です。


全社の体制変更を機に、
マーケティングデータベースを整備したあるIT企業様の事例を
ご紹介させていただきます。

http://www.iad.co.jp/drm/case/drm_03.html


さらに詳しい内容のご紹介、ご相談は担当営業までお問い合わせ下さい!

http://www.iad.co.jp/contact/


以上、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

アイアンドディー 佐藤

────────────────────────────────────
 このメールは、セミナーなどに参加された方、お問い合わせいただいた方、
 弊社スタッフと名刺交換された方にお送りしています。
────────────────────────────────────
 ※本メールは、Dr.Marketingを使って配信しています。
 ※本メールは、MSゴシック、osakaなど等幅フォントで最適に表示されます。
────────────────────────────────────

【作成・配信】
 株式会社アイアンドディー
 〒151-0065 東京都渋谷区大山町46-18 エステパ代々木上原2F
 電話:03-5452-1840  FAX:03-5452-1841
 http://www.iad.co.jp/

【Facebook更新中!「いいね!」お願いします!】
 http://www.facebook.com/iad.co.jp

【ご意見、お問合せ、アドレス変更】
 http://www.iad.co.jp/contact/

【個人情報のお取扱いについて】
 http://www.iad.co.jp/privacypolicy/privacy.html
 

このページの上へ