I&Dホーム  »  マーケティング用語集  »  AIDAの法則

AIDAの法則


AIDAの法則とは、消費者があるモノを知り、
それから買うという行動に至るまでのプロセス。

Attention(注意を引き)、Interest(興味を持ち)、Desire(欲しくなり)、Action(行動する)。
コミュニケーションに対する反応プロセスでもある。

アイアンドディーは、BtoBマーケティングおよび営業支援で、
AIDAの法則を意識しています。

IT・ハイテク業界のテレセールスで、聴取型コールを行い
「Attention(注意を引く)、Interest(興味を持つ)、Desire(欲しくなる)」よう
工夫し、見込みの高いアポイントを獲得しています。

クライアント企業の営業担当者が訪問し、
提案、見積もり提出したあとに、
顧客が「Action(行動する)」わけです。
※ここでは行動=購買となります

従来のテレアポやテレマーケティングは、
AIDAの法則がありません。
押し売りトークのため、注意を引くどころか
「不要です」と言われます。

AIDAの法則も考慮した
アイアンドディーのBtoBテレセールスの詳細は
こちらをご覧ください。

アイアンドディーのBtoBテレマーケティング、テレセールスの電話道®



お客様が商品を買う大きなきっかけとなるのが、コミュニケーションです。
アイアンドディーは「Dr.Marketing®」で見込み客を抽出し、テレセールス「電話道®」を通して、B2Bのきっかけを創出いたします。


シンクライアント+テレマの成功事例」もご覧ください。(画像をクリックすると、成功事例ページへジャンプします。)

シンクライアント+テレマの成功事例

このページの上へ