I&Dホーム  »  マーケティング用語集  »  ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則


ハインリッヒの法則とは、アメリカの損害保険会社に勤務していたハインリッヒが、論文にて発表した法則で、労働災害における経験則の一つ。


具体的には、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の「ヒヤリ・ハット」(ヒヤリとさせられたり、ハッとさせられたりする事態)が存在する、というもの。


重大災害の防止のためには、事故や災害の発生が予測された「ヒヤリ・ハット」の段階で対処していくことが必要である。


このページの上へ