I&Dホーム  »  マーケティング用語集  »  マーケティング・マイオピア

マーケティング・マイオピア


マーケティング・マイオピアとは、米国のマーケティング学者セオドア・レビットが提唱した言葉で、自社のマーケティング上の使命を狭く解釈しすぎて、変化への対応力を失ってしまうような、近視眼的(マイオピア)なマーケティング活動を指す。


例えば、市場を軽視して自社が提供したいものを作り続けていくと、、市場が見えなくなってしまい、結果、事業が衰退してしまう。

レビットはこの言葉を用いて、「モノづくり絶対主義」を脱却し、「顧客満足追求を目的とするマーケティングを中心に活動すべき」であるという主張を展開した。


マーケティング・マイオピアの具体例として、米国における鉄道会社の衰退が挙げられる。



このページの上へ