インサイドセールスをリモートワークで実現マーケティングオートメーションツールDr.電話道

インサイドセールスをリモートワークで実現マーケティングオートメーションツールDr.電話道

成果の出るABMを支援

Dr.電話道®を利用して社内に散らばった見込み顧客データを、きれいに統合。

効果的にアプローチできる下地を作り、今攻めるべき顧客や獲得すべきホワイトスペースを見える化します。

個人情報に対して高いセキュリティ要件も併せて実現。社内の関係部署に対して、安全に情報開示することができます。



効果最大化の流れ

1.社内に散らばったデータをきれいに統合

Dr.電話道®のDB機能(CRM)を使って、各種の見込み顧客データをクリーニング(クレンジング)しながら統合します。


2.効果的なアプローチのため優先順位つけ

Dr.電話道®のDB機能(CRM)を使って、アプローチの優先順位つけを行います。また、未アプローチのホワイトスペースを見える化します。


3.個人情報をセキュアに管理

Dr.電話道®の設定機能を使って、社内の誰にどこまでの個人情報を開示するか設定します。

個人情報を特定できない形で、関連業者へ情報開示することもできます。



STEP1:社内に散らばったデータをきれいに統合

・社内に散らばった見込み顧客データをインポート

  • Dr.電話道®にCRM/SFAなどの見込み顧客データをインポート
  • 「自動クリーニング機能」を使ってデータをオートクリーニング

・マーケティング企業データを付与

  • 「法人情報購入機能」を使って
  • 「売上高」「業種」「従業員規模」など企業情報を付与
  • ハウスリストに存在しないターゲットアカウント企業を付加

・個人情報の重複をクリーニング

  • Dr.電話道®の「重複削除機能」を使って、簡単かつ正確に個人情報をマージ
  • 「合併処理」を使って、簡単かつ正確に法人情報をパージ

★徹底的なクリーニングや情報整備は「プロが代行」




STEP2:効果的なアプローチのため優先順位つけ

・コアターゲットをあぶり出すセグメントコード付与

  • 「部署」に対して自動でコード付与
  •  →「IT情報システム」部門の様に20のセグメントへ自動分類
  • 「役職」に対して自動でコード付与
  •  →「部門長部長」クラスの様に8のセグメントへ自動分類

・キーパーソンを絞り込み

  • 「検索機能」を使って、キーパーソンを抽出
  •  →「企業」「個人」「行動履歴」様々な切り口から抽出
  • 「組織図機能」が、ホワイトスペースを見える化




STEP3:個人情報をセキュアに管理

・閲覧ダウンロード制限

  • 「ユーザ権限管理」で個人情報へのアクセスを統制
  •  →「閲覧制限」「ダウンロード制限」「使用制限」など
  • 「ログ閲覧」で、社内の操作状況を監視
  • 「マスキング機能」でよりセキュアに管理
  •  →漏れてはいけない個人情報すべてに*でマスキングを実行

・アクセス制限と認証

  • IPアドレス制限で、特定のIPアドレス以外からのアクセスを遮断
  • ログイン時に2段階認証を採用
  • クラウドサーバ上では、個人情報を暗号化対応
 
 

Dr.電話道®の機能

Dr.電話道®を利用して成果の出るABMを実現するためには、以下の機能が必要となります。

上記に必要な機能

リード獲得




リード育成




営業




ナーチャリングに最適なデータベース



マーケティングツール マーケティングツール