インサイドセールスをテレワークで実現マーケティングオートメーションツールDr.電話道

インサイドセールスをテレワークで実現マーケティングオートメーションツールDr.電話道

デジタルとアナログの融合インサイドセールスを見える化

Dr.電話道®を利用して、インサイドセールスのKPI管理とプロジェクト進行管理を実現します。

MAツールの様々な機能と連携することで、確度の高いリードナーチャリング(顧客育成)を実現。セールスとの連携もスムーズになります。



効果最大化の流れ

1.アカウント企業へのアウトバウンドコール

Dr.電話道®のインサイドセールス(コール)機能を使って、セミナー集客や製品サービス案内のためのアウトバウンドコールを実施します。


2.送付資料をDr.電話道®で配信

目的に応じた資料送付を、Dr.電話道®のメール機能を使って配信します。


3.アポ設定でセールスとスムーズに連携

営業訪問の許諾が取れた見込み顧客情報を、セールスチームとスムーズに共有。

営業提案後のフィードバックも簡単に行えます。


4.事後のナーチャリング設計

セミナーを通じて獲得したリードについて、BANT状況に応じたフォロー計画を策定します。

ナーチャリング活動の進捗状況やKPI管理も行えます。



STEP1:アカウント企業へのアウトバウンドコール

・アウトバウンドリスト作成

  • Dr.電話道®内の「DB機能」から対象企業を洗い出し
  • → キーマン有の場合は、ナーチャリングコールリスト作成
  • → キーマン無の場合は、代表突破COLDコールリスト作成
  • Dr.電話道®内にコールプロジェクトを作成し、リスト投入
  • → 人のアサイン、コール台本の共有、KPI設定を行う

・コール実行

  • インサイドセールスの実行
  • → 過去折衝履歴を確認しながらコール
  • → COLDコールの場合は、関連部署などからの横展開も狙う
  • → 架電内容をDr.電話道®「コール機能」に記載


★COLDコールでのコンタクト発掘は「プロが代行」

  • BtoBアウトバウンドコール/インサイドセールスを20余年手掛けているアイアンドディーがCOLDコールを代行します
  • 別途インサイドセールス構築支援も実行しております
  • アイアンドディーが代行するCOLDコールは以下をご参照ください



STEP2:送付資料をDr.電話道®で配信

・資料送付

  • Dr.電話道®「メール機能」を活用し、資料送付を実行
  • → 資料ダウンロードリンクや参照URLの差込みメールを配信
  • → 配信エラーの場合は、メールアドレスを再聴取
  • → ファイル閲覧した際にメールアラート発動
  • → ファイル閲覧状況を確認しながら適宜コールフォロー




STEP3:アポ設定でセールスとスムーズに連携

・セールスへのアポイント連携

  • Dr.電話道®「営業機能」を活用し、顧客情報を共有
  • → アポイント設定時には、対象者へメールアラート
  • → コールでの聴取内容も共有
  • → セールス担当の次アクションについても共有

・営業訪問後の情報共有

  • 「営業機能」に営業折衝ログを記載
  • 「営業機能」に営業ステータスを記載
  • 「営業機能」に次アクションと日程を記載
  • 上記の情報は、関係者へメールで自動共有

 
 

STEP4:事後のナーチャリング設計

・イベント直後のフォロー計画策定と実行

  • アンケートなどからフォロー対象の優先順位付けを実行
  • 過去データからのフォーキャストを基にKPI設定
  • 不足しているBANT状況をコールで聴取し、DBにタグ付け記載
  • 営業訪問や情報提供の許諾をタグ付け記載
  • 次回コールアクションの設定
  • KPIが達成されているか各人・プロジェクト毎に集計

・ナーチャリングプロジェクトの設定

  • ナーチャリングフォローする対象が分かるプロジェクトを作成
  • → 実行すべきタイミングが分かるプロジェクトを作成
  • → 対象顧客を振り分け、インサイド担当者をアサイン
  • → コール台本やゴール設定をDr.電話道®にて周知

 
 

Dr.電話道®の機能

Dr.電話道®を利用して「デジタルとアナログの融合インサイドセールスを見える化」を実現するためには、以下の機能が必要となります。

上記に必要な機能

リード獲得




リード育成




営業




ナーチャリングに最適なデータベース



マーケティングツール マーケティングツール