会社経営とは?

I&D社長Blogの開始に際し、一体会社経営とはなんだろうか?

とあらためて、自覚を促す意味で、法政大学大学院の坂本光司教授の最近の著書「日本でいちばん大切にしたい会社」を拝読した。

先生によると、まず、会社は継続することが何にも増して重要だと言われている。継続することが、会社の従業員や関係者を幸せにすることなのだ。

また、具体的には、

「会社経営とは、五人に対する使命と責任を果たすための活動である」

とで言われている。

五人とその幸せとは、

1.社員とその家族を幸せにする。

2.外注先・下請企業の社員を幸せにする。

3.顧客を幸せにする。

4.地域社会を幸せにし、活性化させる。

5.自然に生まれる株主の幸せ

I&Dを10年前に設立した時の理念は、現在I&Dのホームページの理念に明示しているとおり10年間変更していないが、2年前に書店で偶然手にした本に説明のあった、ジョンソン&ジョンソンのクレドと殆ど同じであることに安心した。

理由は上場しているジョンソン&ジョンソンが従業員と株主の矛盾する利害関係の中で従業員や顧客を一番始めに大切にしながら何十年も株主にも満足してもらっていることだ。

先生の「五人の幸せ」の内容と若干順番は異なるが、I&Dのクレドもほぼ同じであり、自分の経営方針が正しいと納得する次第だ。

自分は五人を幸せにするために生かされていることを肝に銘じ、今後も顧客、社員や関係者の幸せを優先した経営を続けて行きたいと思う。

蛇足ではあるが上記の著書を読みながら、何度も涙した。素晴らしい本である。

経営を志す人には一読をお薦めする。

2008年4月3日 福重

 

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員