「選択と集中」も必要ですが「業務の切り分け」も重要

本日は言葉を分解し成功する事例を引用したいと思います。

私が尊敬する友人でマーケティングの大家がいます。彼から、拝借した文章の中にマーケティングと営業を混同しがちだが、この二つはまるっきり異なる。マーケティングは未来、営業は今を追及するので一緒に出来ないと、ありました。

わかっているようで解っていなかった自分の頭を殴られたような衝撃でした。

さらに先日の日経ビジネスにおもしろい記事がありました。

「飛び込み営業」を止めた。

その代わりに「飛び込み」を電話に切り替えて事前アポイントを取る。営業はそのアポイントをもとに本来の営業をする。

これで、わずか4年間で40億の年商を達成したとのことです。

「選択と集中」も、おもしろいですが「業務の切り分け」も、面白いと思いました。

明日から上記の両方をミックスしたようなマーケティング手法を思いついたので応用したいと思います。

 

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員