武田信玄の甲陽軍艦で信玄が言ったこと

武田信玄の甲陽軍艦で信玄が言ったことが書いてある。

「人に学問があるのは、木に枝葉があるのと同じである。

 いや、それどころではない。

 物事を学んではじめて人間だと言えるのだ。

 学ぶとは書物を読むことばかりではない。

 それぞれの生きる道について学ぶことが学問なのだ。

 では、どうやって学べばいいか。

 人の心を三つに分けてみよ。悪いところを捨てる。

 よいところを実行する。

 そしてよくわからないところは、すぐれた仲間や友人に尋ねるのだ。

 1日に一つ聞けば、1月に三十聞くことができる。

 1年には三百六十ものことを知るようになる。」

引用:武田信玄の人材登用術~鈴村 進~

 

最近、思うことだが、ありのままの自分で居る。自分を高く見せない。わからない事はわからないと言う。

正しいことをする力。自分が揺るがない芯を作ること。

それが自分の器を良いものにする気がする。大きくなくても良いのだと思う。

 

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員