自分を変える魔法の口ぐせ「肯定語と否定語」

先日、「自分を変える魔法の口ぐせ」~夢がかなう言葉の法則~
佐藤富雄先生の本を読んだので概略をお伝えしたい。

簡単に言うと、日常の言葉をすべて否定語から肯定語に変えることにより、自分の未来がどんどん開けるのである。

下記は先生の引用と私が常日頃、朝礼で発言している言葉を羅列したものである。

※否定語          →      ※肯定語

1.すみません             1.ありがとう

2.疲れた               2.今日も良く頑張った

3.運がない              3.いい勉強になった、これから必ずよくなる

4.出来ない              4.何とかなる、私なら出来る

5.出来ません             5.私に任せてください

6.いつもすみません          6.ありがとうございます。

7.難しいかも知れない         7.はい、喜んで

先生は他に愚痴や悪口、失敗談はすべて自分の未来に跳ね返ってくる。失敗のプログラムがどんどんインプットされることになり、失敗は繰り返されると言っておられる。

会社の朝礼で例として、この時期突然、前触れもなしに注文をいただけるお客様に対して、

「前触れもなく荷物を送ってきて大変だ」と考える営業担当も居るが、「この時期にご注文ありがとうございます。助かります。」と考える営業マンでは、次のアクションや未来が違ってくると話した。

医者に「あなたの寿命は3年です」と言われた場合、「あと3年もあるのか」と思う人と「たった3年か」と思う人では、まったく異なる3年間の過ごし方になると言うのと同じことだと思う。

私は生粋の楽天家でアフリカに2年間住んだ時も、サウジアラビアに8年間住んだ時も、いつも何とかなるさ、という心構えで困難を乗り切ってきた。会社も11年目になるが、「何とかなるさ」でやって来れたし、これからも「何とかなるさ」で乗り切れると考えている。まずは肯定的に考える。

そして、何とかする方法を寝ても覚めても、頭が考える。答えは朝起きたら、神が教えて下さる。

投稿者プロフィール

福重 広文
福重 広文
株式会社アイアンドディー 代表取締役社長
エグゼクティブ コンサルタント
鹿児島県出身
■ コンサルティング分野:
製造業設備、設計・CAD・CAM・CAE、ロボット、生産管理系IT、ERP、電話道®(インサイドセールス、テレマーケティング、テレセールス)、B2Bマーケティング全般、セミナー支援、効果的なダイレクトメール作成方法、通販関係、貿易業務、海外進出