結婚式でリード管理?絞込みは忘れずに。

先日私事ですが、自身の結婚式を行いました。
そんなどうでもいい事をなぜ公開するのかと言うと、 現在の自分の業務に大きく関係していたからです。

結婚式を行う際には一般的に下記の順序で実行まで進んでいくかと 思いますが、これが意外と大変で、情報収集、絞込みの大切さを実感しました。

1.結婚式開催場所選定
2.結婚式場選定
3.集客(参加者募集)
4.具体的な式次第の計画、補正
5.実行

上記のように記載すると、一見何でもないように思えますが、 私の場合2~3の段階で絞込みを甘く見ていたため、大変な思いをしました。
集客する人数、規模、つぎ込む予算等考えずに、式場へ手当たり次第コールし、 見学アポイントをとり、見て回ったのですが、いいと思った式場は、狭かったり、 予算外だったり、交通の便が悪かったりと散々でした。

訪問終了したところで最終的にリストを見直してみると、 自分の条件にマッチしたのはほんの3件ほどでした・・・。 回った17件と3日間は大きな労力の無駄になってしまいました。
初めから、HP等で規模など確認し、電話などで調べて除外しておけば 回る必要もなく、精査された式場だけ訪問すればよかったのです。

皆さんの業務においても同じ事が行っていないでしょうか?
持っている顧客データ、名刺全てにコールし、表敬訪問を行ったとしても、 訪問してみると、事業内容、事業規模等がそもそものターゲットとは 大きく開きがある場合等があるかと思います。

これらは全て無駄な営業活動になり、大切な時間をロスしています。 このような事にならないためにも是非、 アイアンドディーの「見込み顧客絞込み」の手法をお聞きいただき、 回復する景気に向け、体制を整えていってはいかがでしょうか。

山田亮

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。