ノストラダムスの大予言

朝礼から

25年前にサウジに住んで居た時、ノストラダムスの大予言を読んだ。

そこには第三次世界大戦が中近東のサウジから始まると書いてあった。

今、自分が住んでいるこの砂漠からどうして戦争が始まるのか?と不思議に思い

多分石油の利権でイランあたりで・・と思っていたらブッシュ親父の湾岸戦争が始まり、

今度は息子がイラク戦争、アフガン戦争を始めた。

 9月11日のマンハッタンの飛行機によるアタックを実行したのが、ほとんどサウジ人だった

ということから考えると、今起きている各地でのゲリラ的戦争が実はノストラダムスが予言した

第三次世界大戦なのかと思う。

 ドイツの宰相ビスマルクが「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言ったらしいが、

ノストラダムスの大予言は恐ろしい限りだが、良いことも言っていると思うので、今度は良い面で

読み返してみたい。

2009年12月9日(火) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員