どこまでやるか?

仕事をどこまでやるか?

という命題について自分の考えを述べたい。

あるお客様の仕事で、数量が膨大で単価が当社が対応できない低価格のため、

外注を利用しなくてはならないケースがあった。

当然、当社の品質は日本一であるから、外注先の品質の程度に目が行き、

当社の基準で判断すると、外注先からの納品物に、どこまでもどこまでも、

修正が発生してしまい、すべてやり直しということになってしまう。

 しかしながら納期は限られており、納品はしなくてはいけない。

「社長、どこまでやったら良いのでしょうか?」

毎晩、遅くまで半分徹夜のようなエンドレスの業務・・・

 私は下記のように回答した。

「ここまでやったのだから、何を言われてもしょうがない」と、言えるところまで徹底してやれ!

そうしないと神様が許してくれない。」

体力と智恵の続き限り、「天網恢恢素にして漏らさず」であることを、再度肝に銘じたい。

2010年9月3日(金) 先勝 福重

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員