【超必見】DMの不着率を下げる方法

こんばんは。 最近も寒い日が続きますね。 私は寒さでお腹をこわしてしまいました。 皆さんも体調には、気を付けてくださいね。

会社の住所移転や変更は年間で10%あると言われています。 また、会社の統廃合や廃業なども年間10%以上あると 言われています。
保有している企業の情報は、時間を経るごとに実態とかけ離れていきます。 実際は住所移転があり、会社の廃業があります。 しかし自社で保有しているリストはそのまま。

そのままの状態でダイレクトメールを発送すれば、当然「不着」として 戻ってくる率も高くなります。 ダイレクトメールの不着が多い場合、鮮度の高い企業データと照らし合わせ 自社保有の発送リスト、企業データを「更新」する必要があります。

無駄なダイレクトメールの発送が減れば、直接的に コストの削減にもなるし、間接的な営業効率も増す。 営業の効率を上げるために、営業の成果を上げるために営業そのものを変えるより、保有している営業情報の質を上げる 方が先決なのかもしれませんね。

次回「I&Dのインサイドセールスの秘密」について語ります。

佐藤正

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。