新年を迎えて

2011年という素晴らしい年が明けた。

いつものごとく、1月1日だけ休むつもりでいたが、今年はドラッカーの本を読むため

12月31日と1月1日の2日間、自分休暇とした。年末年始に2日間休むのは、会社創立以来

初めてのことであった。その甲斐が合って、ドラッカーの著書から多くの学びを得た。

 2011年の世の中はどうなるのか?キーワードを上げてみた。

-円高、デフレ、TPP加入、

-国と地方の借金が1040兆円(赤チャンから老人まで国民1人当たり1000万円の借金となった。

-外交、消費税UP、近隣諸国(中国、ロシア、米国、韓国,etc.)のTOPが交代する。

-新しいエネルギー、藻から油を作る技術、本格的に企業が農業へ進出する、

-炭素繊維で船、車、飛行機、建設が革命的に大きく変わる。(鉄の10倍の強度、4分の1の軽さ)

■当社はどうだろうか?

昨年130%UPの売上を達成した。今年も130%UPを目指し、体制作りはほぼ終えた。

ドラッカーの言う機能組織や連邦型組織の良い点、悪い点を現代と当社のビジネスモデルに

合わせて実施して行きたい。

■言霊1

雪国まいたけの平田社長の言霊が今年は生きる

「うまくいっていないときは絶対に他人のせいにしない。他人が悪いと思えば夜は眠れるが、

朝起きて、何も事態は好転していない。いつも自分が悪いと思えば、夜も眠らず努力する。」

~これが2011年を戦う言霊だ!~政治や世間の状態には関係ないと思う努力が必須!

■言霊2

昨年12月、ある社員が言った言葉

「社長、今まで義務でやらされていると考えていました。今は自分で積極的にやるように

考えを変えました。そしたら仕事が楽しくて。楽しくて・・・」

私の回答は、

「考えを変えれば、行動も変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば未来が変わる」

これが2011年の社員と私の精神目標だ!

そして自ら、今まで以上に勉強し、社員一人一人の教育を大幅に強化し能力UPする。

2011年も素晴らしい一年となるよう、社員一丸となって頑張りたい。

2011年1月4日 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員