マーケティングの肝 

そもそもマーケティングとは何でしょう? インターネットや本で紹介される内容から考察すると、 次のように理解されているようです。

顧客が求める商品(サービス)を提供し、その商品の情報を提供するとともに 、顧客がその商品(サービス)を得られる為に行う活動 私が考えるマーケティングの肝は、”活動するための準備”です。
戦略を練る事は活動ではありません。よって、マーケティングの実施ではなく マーケティングの準備です。
重要なのは、その活動で何を得たいのか?何が得られるのか?をしっかり定めて マーケティングの準備をすることが肝要です。

マーケティングの世界に”絶対”という文字が無い限り、 活動の結果についてはあらゆる事を想定する必要があります。 そして想定されるすべての状況において、有益な結果を出す為の活動案を 実施できなければ・・・
マーケティングは、初めからやり直しです。
どうされますか?

------

“失敗は成功のもと”・・・これは失敗しても、その原因が何かを考えて、次につなげることを表すことわざです。 また、大発明家のエジソンが、実用的なフィラメント電球を誕生させるまでに、 1万回とも言われる実験の失敗を繰り返したことについて聞かれたとき 「私は実験において一度たりとも失敗はしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、何度もしてきたのだ。」 と答えたと言います。

もうおわかりかと思います。PDCAを繰り返すしかありません。

ここで我々I&Dができる事があります。
それは皆様のマーケティングにおける成功までのPDCAの回数を減らす事。
言わばマーケティングの近道と言えるかも知れません。

我々はBtoBマーケティング企業として、お客様とともにマーケティングの肝を抑えた、 プロジェクトを数多く経験しました。
どのような準備をして、どのように活動したら、どのような結果がでるのか。 そしてどこを変えれば、結果がどのように変わるのかも。 仮定ではなく事実として把握しています。
量・質ともに自信があります。
-プロジェクト実施事例-

しかし、我々は過去のプロジェクト詳細を第三者にご提供する事はできません。
我々がご提供できるのは、貴社マーケティングを支援する事に全力を尽くし ゴールを目指す 特別なスタッフです。 貴社の頼れるパートナーとして、資質があります。

菊地

菊地 晃
菊地 晃

業務パッケージメーカーに在籍し、プロダクトマーケティングからルートセールス・ハイタッチセールスまで、 営業企画と営業活動の上流から下流まで幅広く経験。\nその後、ERP系SI企業でダイレクトセールスを経験した後、I&Dにて業務系サービスを中心にプロジェクトを担当。 業種・業務にフォーカスした活動経験が豊富。