銭湯のライバルは誰なのか

sentoちょっと小耳にはさんだ話ですが
銭湯の商売敵はウチ風呂だけではない、とのこと。

現在、銭湯の入浴料は450円。
月に20日銭湯に行くと月に1万円ほどかかる計算になります。

私は下町と呼ばれる地域に住んでいますが、それでも
歩いて行ける範囲には数えるほどしか銭湯がありません。
まぁ、今時、ウチ風呂がない家庭も減ってますからね。
銭湯も経営大変なんじゃないかな、と。

最近、スポーツジムにお年寄りの姿がよく見られるようになったと。
健康のために運動を…ということではなく、スポーツジムの
入浴施設のみを利用しに通っている方が多いとのこと。
銭湯が消えゆく中、駅から近かったり、コース?によっては
銭湯通いと変わらないか逆に安い金額で利用できるケースもあるそうで。

BtoCでもBtoBでも、案外「ウチのターゲット層はこういう層だ」と
思いこんでしまっていて、範囲を狭めてしまっているケースも
あるのかも知れません。

ちょっと視点を変えると新たなターゲットが見つかるかも知れないなと
思った今日この頃でした。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。