知っているつもりで知らないこと

先日、ある会合に出席した。

メンバーは弁護士、弁理士、著名通販会社の会長などであったが、知っているつもりで

知らなかったことがあったので書き留めたい。

1.日本の特許は特許庁が公開した時点で海外の企業(特に中国)がそれをまねて

中国国内で特許を申請する。それをビジネスにしている会社もあるらしい。

2.ビジネスモデル特許

当社も特許を取得しているが、特許証に「ビジネスモデル」とは一言も書いてない。

すべて特許は特許なのであるが、ソフトウェアなどがビジネスモデルと呼ばれているらしい。

3.実用新案権

物品の形状、構造または組み合わせによる考案

4.意匠権

立体的に形のあるもと、物品の美的外観

5.商標権

商品サービスの目印の保護

6.著作権

コンテンツの保護、類似HPも違反するので注意。

7.不正競争の営業上の利益に係る権利

適正な表示の保護、原産地のごまかしなどはこちらに当てはまる。FCチェーンの統一価格など

現在、消費者庁、公正取引委員会などがちなまこになっている。(他に仕事がないらしい)

コンビには死にそうにしているらしい。

2011年9月10日 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員