継続の難しさ

毎日、日記を継続して10年程度書いたことがある。

それは小学生から中学生の時である。それ以来数十年が過ぎ、BLOGという新たな

日記帳で、数週館前、毎日書くことを誓った。

 3日坊主とはこのこと、16日は金曜日である部署の懇親会兼送別会を兼ねていた為、

すっかり忘れてしまった。今日はまとめて書くことにする。

 この単に毎日を継続する。ことが出来れば、それだけでものすごい能力の持ち主と言える。

ドラッカーは現代の経営で「平均的労働者のための平均的作業量を定めることほど、

人的資源の本性に反することはない。人の本性は、最低ではなく最高の仕事ぶりを

目標とすることを要求している」と書いている。

 何事も毎日継続して行じることが出来る人、それは既に最高の仕事ができるという証明

かもしれない。自省したい。

2011年9月19日(月) 16日分として 福重

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員