おもてなしの心

9月18日、海浜幕張のロッテ球場に生まれて初めて生の野球観戦に出かけた。

広い球場に数万人は入っているであろうか?

 ロッテ対オリックスの戦いではあったが、両陣営の応援団の一糸乱れぬ応援には本当に

驚いた。球場というるつぼの中で数万人が一挙手一投足を見つめる中、選手と応援団が

みごとにハーモニーをとる。応援団がいつ練習しているのか、知らないが応援団に応援して

しまった。

 それから、回の中間で、嗜好をこらしたロッテの数々のエキシビジョンにも感心した。

マイクの声、液晶画面、球場の役者達、観客席の応援団が一体となって運営している。

本当に素晴らしい。

 帰りに、混雑状態を避けるため、駅前の居酒屋に入った。

こぎれいな店で「ちょっと混んでるかな?」と思いつつ、席に座って生ビールを注文!

生ビールを飲みながら「料理はまだかな?」と、ちらっと思った瞬間、「少々、お待たせしております。

枝豆をおつまにしてしばらくお待ちください。すぐお料理は参ります。」と・・・。

 すごいタイミングにびっくりするとともに、「私のいらだち」は消えた。後で聞いたが、この女性

店長であった。やはり出来る人は違う。

2011年9月19日(月) 18日分 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員