石の上にも三年

子供のころから良く、「石の上にも三年」と耳にタコが出来るほど、親や

先生から言われたものである。

 この意味を広辞苑で引いてみた。「石に座り、温めるには3年かかる」、3年という

年数は長いということを指すらしい。

 これは持論であるが、ヘーゲルの「量的変化は質的変化に変わる」という意味を

日本的に表したものであろう。同じことを3年間続ければ、質的に変わる時がある。

英語も3年間FENを聞いていたら、意味がわかるようになった。と言うのと同じである。

2011年9月29日(木) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員