意外と多い自分の会社を説明できない人

営業マンとしてファーストコンタクトの訪問だったとしても
訪問先の企業について、どういう会社なのか事前に調べて行く
わけです、当然。

しかし、訪問先の企業のサイトを見ても「事業内容・サービスが
良く分からない」という企業も正直少なくありません。

業界知識がないので理解できないということではなく
サイトの内容が薄すぎるなど、理解しようにも理解できない
場合があります。

これまでの個人的な経験ですけれど、企業サイトの内容が薄い会社
ほど、訪問時に訪問先の担当者の方が自社について説明しない傾向に
あるように思います。
調べようもない事業内容等をコチラが理解している前提、
売り込まれる側からすればウチの会社のことは知ってて当然、
ということなんでしょうか…。

であればヒアリングすればよいのですけれど、営業以外の部署の方と
お会いする場合に、自社についてうまく説明できないケースも多々
見受けられます。
会社概要資料もご用意いただけないケースが8~9割方です。

「営業=売り込み」ですから貴重な時間を取られて迷惑というのはごもっとも
なのですが、迷惑という顔をする前に、自社のサイトをきちんとして欲しいと
思ってしまうことも多々あります。
「社員数は何名ですか?」などと基本的なことを伺うのは営業マンにとっても
時間の無駄ですから…。

とここまで愚痴ですが。

自社についてきちんと説明できて当たり前の営業マンも、
商品・サービス含めての説明、他社と比較しての優位性など、
自社の説明の精度を上げるべく日々ロープレやったりしているわけです。

過去に在籍していた会社でシステム系の人と新規訪問した際に、
打ち合わせ後、同行した人からこう言われて驚いたことがありました。
「ウチの会社についての説明を初めてまともに聞きました」と…。

営業以外の部署の方が、社外の人間に対して、どういう
内容で自社の説明をしているのか、一度チェックした方が
良いかもしれません。

ひょっとするとまともに説明できないかもしれませんし
とんでもない説明をしているかも知れません。

ということでコーポレートサイトをキチンと作ることは大事ですよ
と改めて思ったという話でした。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。