企業サイトの地図は結構重要…という話

map初めての訪問。 当然、地図がなければ辿りつけませんが…
個人的にはiPhoneユーザなので外出時にはgoogle mapに頼ります。 位置情報の精度がどうか?という話もありますが まぁ、十分かなと思います。
ですが、問題はiPhoneのバッテリーのもちが悪いこと。

iPhoneで地図見ながら行くからいいや、なんて思っていて いざという時にバッテリー切れでは、どうしようもありません。
結局、地図をプリントアウトして持ち、迷ったらgoogle mapで 自分の位置情報を確認しつつ、打ち合わせ先に向かうという パターンになります。

地図を印刷して持ってれば事足りるだろう? 地図をプリントアウトして迷うのか? 迷います。
私は方向音痴ではありませんが、企業サイトの地図には 結構落とし穴がありますから…。

—– 企業webサイトに掲載する地図について google mapなどの外部のモノを使うべきか? オリジナルに作成した画像の地図を使うべきか? という議論があります。
google mapでもオリジナルに作成した地図画像でも 正直どちらでもよいと思うのですが、 印刷したgoogle mapの場合、拡大縮小が微妙で印刷し直したり 神田界隈などの碁盤の目のような場所の場合分かりにくかったりします。
逆にオリジナル画像の地図の場合、ランドマークが変わっているのに (コンビニが撤退したなど)地図は変更されていないために迷ったという 実体験もあります。 画像を修正する工数も面倒です。

—– 企業サイトに掲載する地図で重要なのは
・駅の出口(A4など)から徒歩何分と余裕をもった分数で記載されていること
・印刷した際にA4一枚に収まること
・印刷した際に、住所・電話番号も合わせて印刷されること
じゃないかな、と思います。

不動産物件ではないのですから 「初めて訪問する方が地図を確認しながら歩く前提」で ある程度余裕をもった「駅から何分」としてくれないと 約束の時間に遅刻します。
「○○駅A3出口を出て右方向」と書いてあるだけで迷く確率はグッと減ります。 そもそも、2回目の訪問の際に地図を見てというケースは少なく (除く方向音痴の方)「初めて自社に訪問する方のための地図」です。 ちょっとした気遣いなんですけどね。

—– 初回訪問時に「場所分かりましたか?」と聞かれて 「御社の地図が分かりにくくて迷いました。駅の出口も書いてなければ、目印のモスバーガーもなくなってました」 などとはなかなか指摘しにくいもの。
8割方「すぐ分かりました!」と答えるものです。 貴社のサイトの地図は大丈夫ですか? 一度確認してみた方が良いかも知れません。

—– ちなみに、 弊社の地図は迷いようがないと好評を頂いております。。。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。