展示会効果の最大化

“今回の展示会の目標は、名刺獲得:○○○枚です”
↑このような目標設定された事、ありませんか?
↑ 上記の目標設定は、目的が”ブランディング”であったり “企業認知”の場合に、有効な目標です。

○一人でも多くの方に、ブースに訪問してもらい企業と商品を知ってもらう
○元気な企業である事をアピールしたい
上記のようなニーズを満たす効果があります。

しかしながら、BtoBビジネスを展開されている企業にとっては、 上記目的自体が、売上への効果を期待した場合、合わないケースが多々あります。
その理由は・・・
1.認知=売上に直結しない。
2.BtoCビジネスと比較して、ターゲット数が少ない。
3.BtoCビジネスと比較して、商品が高額である。

展示会の目的が”ターゲットや案件に繋がる企業のリストアップ”とお考えなら、 こちらをご覧ください。
企業・人事データ
展示会で収集が期待できるリストよりも、 “質””量”ともに、欲しいリストが入手できます。

私からのご提案は次です。
1.ターゲットリストは、展示会よりも”もっと効果的で効率的な方法”で入手しませんか?
2.展示会は集客数ではなく、”成約数”と”案件発生数”にフォーカスして集客からフォローを実践しませんか?

展示会は継続的なビジネス関係を構築したい”ロイヤルカスタマー”への プレゼンやおもてなしの場と捉えるのはいかがでしょうか。
私たちは、それを具体的に検討する為の情報をご提供できます。
現在のマーケティング施策はどのくらいの効果が期待できるのか? 他社と比較してどうなのか? 一度チェックされたい方は、是非 こちらからご連絡ください。

菊地

菊地 晃
菊地 晃

業務パッケージメーカーに在籍し、プロダクトマーケティングからルートセールス・ハイタッチセールスまで、 営業企画と営業活動の上流から下流まで幅広く経験。\nその後、ERP系SI企業でダイレクトセールスを経験した後、I&Dにて業務系サービスを中心にプロジェクトを担当。 業種・業務にフォーカスした活動経験が豊富。