「新規」と「既存」

営業担当者さんと話をさせていただく機会が多いですが、 たまに話題に出るのが、「新規」と「既存」についてです。
「新規と既存をどういう割合でやっていいかわからない」
「もともとターゲットが少なく、新規開拓はほとんどない」
そういった声を聞きます。

個人的には売上を上げるために有効なのは、まずは、 今既存顧客へ提供しているサービスの質を高める、維持すること だと思います。
それによって、既存顧客からのリピートオーダーを増やす方が、 0から新規開拓をするより、効率的です。

我が社についてもテレセールス、データ入力と リピートオーダーを頂くことが非常に多く、 有難いことです。
しかし今大口の取引先も何かの理由で取引がストップする ということもあるかと思います。

サービスの良し悪しに関わらず、 担当者との関係性に関係なく、やむにやまれず、取引がストップすることは多々あります。
大口の取引先がなくなっても売上高を維持できるよう、 常に新規開拓をすることはやはり必要なことですね。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。