データクレンジングとは、顧客情報の名寄せや住所の更新

個人、法人に関わらず、顧客情報を名寄せしたり、住所、電話番号などを更新することを、データクレンジング、またはデータクリーニングと呼んでいます。

データクレンジングする理由は、販売促進または営業する際に使うリストを最新にして作業効率を上げることです。
費用対効果を上げて、売上を短期間で伸ばすためでもあります。

目的によって、クレンジングする内容が異なり、当然、費用も変わってきます。
クレンジングせずに活動して発生する損失額が、クレンジング費用を超えないから、実施する価値があります。
顧客情報を名寄せしないで、各部門、各人が活動すると問題が発生します。
「御社の○○さんから、昨日電話がありましたよ!」
と言われては、恥ずかしい。
企業のイメージダウンをまねきます。

マーケティングサービスを提供している企業であれば、恥ずかしいどころではありません。売上に影響します。
法人向けテレセールス(テレマーケティング)、DMなどを実施する前にデータクレンジングはどのように行われるか?
実施例は、「 目的に合わせたデータクリーニング」をご覧ください。
絵で説明しています。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。