こんぴら様

この連休中に四国の琴平神宮を訪ねた。

この神社は「海の神様」を祭る神宮で、海運に関係する人々が古くから

お参りしている。

http://www.konpira.or.jp/menu/master/menu.html</p>

http://www.konpira.or.jp/about/history/main/history.html

丁度10月9,10,11日が、1年に1度の大礼祭の日で運が良かった。

祭りのため、すべての街道は、掃き清められていてチリ一つないきれいさであった。

一番印象に残ったのは、「こんぴら狗」であった。かわいいその姿にはおもわず「にっこり」で

あったが、言われを聞くと、下記のようなことだ。【引用】

実は、代参をしたのは”人”だけではなかったのです。

「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあったのです。

袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っていました。 犬は、旅人から

旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地にたどり着いたのです。

金毘羅大権現へたどり着いた犬も、そんなのどかな風習により、立派に務めを果たしたのでしょう。

この「こんぴら参り」の代参をした犬は、特に「こんぴら狗」と呼ばれたのです。

何と素晴らしいことか?今やろうとしたら可能だろうか?「ワン」

2011年10月8日 福重 広文

 

 

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員