心の形(かた)手水舎作法

先日も形(柔道、剣道、などなど)について述べたが、先日訪問した琴平神宮で心の形を

まさに拝受したので、披露したい。

いつも何気なくおこなってはいるが正確な形は下記のとおりである。

それは、鳥居をくぐってお参りする時の作法(形)である。

鳥居をくぐると、正面に手水舎(じょうずや)がある。

手水舎は心身を清める所だ。

作法は次の通り。

手水舎作法

1.右手で柄杓に清水を汲み、左手にかける。

2.柄杓を左手に持ちかえて、右手にかける。

3.再び柄杓を右手で持ち、左手の手のひらに水を受け、その水を口に含んですすぐ。
(柄杓に直接口をつけてはいけない。)

4.口をすすぎ終わってから、もう一度左手に水をかける。

5.柄杓を立てて、その柄に水を流す。

これこそ、心の形ではないかと思った次第

2011年10月9日(日) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員