【人間の四要素~その3と4~知能・技能】

その3と4~知能・技能

人は誤解するが、知能や技能は人を判断する時の最低条件ではない。すなわち必須条件ではない。

ということである。「私は彼よりこんなにプログラムがうまいのに・・・、私は彼よりこんなに稼げるのに・・・

どうして昇格しないのだろう。」と思う人が多いかも知れない。

 知能や技能が高いのは人格や徳性の下位になる要素だ。人格や徳性が低い人は組織では使えない。

必ず問題を起こし、いつかはその組織の崩壊を招く。

 だから、組織で上になる人は人格を磨かなければならない。そうでなければ人は付いて来ない。

例を言うと、社長が部下より技能や技術が低くても会社は動くが、逆はない。

常に「原因自分主義」が取れるかどうかが上になれる資質の一つである。

2011年10月15日(土) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員