【直感力を養うには?】

田坂先生は、「直感力は持って生まれたものではない」

「養うものである」と、説かれる。

 では、どのようにして養うのか?

それは論理を極めることである。

 師は、「将棋の大山名人の大局観を例に出し、弟子たちが侃々がくがくやっている

詰将棋の結論について、そばを歩いていて予想した」という話を紹介されている。

将棋の理論を徹底的に研究し、数え切れない位、実際に戦う。

そしてやっと直感が当たるようになる。

 すなわち直感を研ぎ澄ます訓練を続けることが直感力を養うことになると・・・。

経営でも、日々、色々な問題が発生し、決定の連続である。

これを飽きなく継続する。これが経営者としての直感力を磨く方法であると思う。

2011年10月20日(木) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員