【負けを極小化せよ】

2011年10月16日の日経新聞に伊藤忠商事の岡藤正広社長の

言葉が印象に残ったので記したい。

商売には常に勝敗が付いてまわる。

時には苦杯を舐めることもあるだろう。

だが、「負け」は最小限に抑え込むことだ。決して大敗してはならない。

一発勝負のスポーツとは違い、商売は永続する。

負け方にも流儀がある。

商売のカンどころは「か・け・ふ」である。

すなわち【稼ぐ】【削る】【防ぐ】

負けを極小化するためには、やっぱり攻めることが必要である。

2011年10月21日(金) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員