【どうすれば信じる力を身につけることが出来るか】

田坂先生、曰く

「では、どうすれば、その信じる力を身につけることができるのか」

信じるという行為は、努力しても出来るものではないと言う。

なぜなら、その行為は「無意識」だからだと言う。

 信じるというのは、表面意識と無意識がある。

本来、信じるという行為は、全身全霊、

心の深いところ、

無意識の世界まで含めて、

何かを信じる状態となることであると言う。

では、努力すれば、この信じる力が身につくのか?

いえ、それは「才能」であり、永年にわたる「成功体験」の積み重ねに

よって身につけることは出来ると言う。

 また、自己のうちに「信念体系」を築くことによっても出来ると言う。

2011年11月12日(土) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員