【長期戦略と短期収益】

英語ではLong term と Short term.

この二つにはあきらかに矛盾がある。

しかしながら、両方を同時に深く考え、思考錯誤しながら実施しなければならない。

当社の決算は11月、今まさに短期収益を1円でも多く上げたいと思うまっさかり、

そして、仕事が山ほどある。

お断わりせざる得ない状況。

だから残業には目をつぶるしかない。

 11月が過ぎるとすぐ12月(来期)が始まる。

14期の始まりだ。もう、残業は許可出来なくなる。

経営はこの長期と短期の矛盾をいかにバランスとるか、振り子のバランスである。

 力のないマネジャーは、すぐ、「社長、どっちですか?白ですか、黒ですか?」と

二項対立や直線論理で考える。

そして言う、批判する。

「社長はいつも朝令暮改だ、朝言ったことと違う」

これは真剣に考えている経営者として当たり前の世界。

批判されてOK、経営者として合格なのである。

常に考え、振り子でバランスを取る。

右へ行き、左へ行く。

朝から晩まで、夜中の寝ている時でも考え続ける。

 経営とは矛盾のマネジメントなのである。

2011年11月17日(木) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員