【稲盛経営12カ条】

故郷、鹿児島の大先輩で偉大な経営者である稲盛師の言葉を引用

稲盛経営12カ条
 
1.事業の目的、意義を明確にする 
 公明正大で大義名分のある高い目的を立てる

2.具体的な目標を立てる 
 立てた目標は常に社員と共有する。

3.強烈な願望を心に抱く 
 潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと

4.誰にも負けない努力をすること 
 地味な仕事を一歩一歩堅実に、弛まぬ努力を続ける

5.売上を最大限に伸ばし、経費を最少限に抑える 
 居るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついて来る。

6.値決めは経営 
 値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは1点である。

7.経営は強い意志で決まる 
 経営には岩をもうがつ強い意志が必要

8.燃える闘魂 
 経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要

9.勇気をもって事に当たる 
 卑怯な振る舞いがあってはならない

10.常に創造的な仕事をする 
 今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる

11.思いやりの心で誠実に 
 商いには相手がある。相手を含めて、ハッピーであること。皆が喜ぶこと。

12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で 

今年も1日1日を大切に精いっぱい生き抜きたい。

2012年1月3日(火) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員