弊社の提供するサービスをもっと知って頂きたい・・・

今月より入社しまして、早いもので3週間が経過いたしました。
・・・ もともとIT業界での経験が長く、マーケティング関連業界は初めてとなります。 まず一番に感じたのが、 テレマを始め、見込み顧客開拓等、マーケティング業務全般をアウトソーシングする企業は、日本では、まだ馴染みがないということ(米国では一般的なようですが・・・)

また、既にテレマを利用している企業は有るのですが、その結果に満足されている企業は意外と少ないのでは? ということです。
弊社、アイアンドディーでは、テレマのことを「電話道」と名付け、他社との差別化を図り、品質重視でお客様に提供することをモットーとしています。

テレマ(電話道)に関する弊社と従来型のテレマの違いは、簡単には、以下になります。
○コールスタイル・方式:
従来型では大量生産型(ヘタな鉄砲数打てば当たる方式)、弊社では少数深耕型で、聴取型で1件1件のBANT情報等ヒアリングした品質重視です。
○コールする人:
従来型では、契約社員・アルバイトによる対応ですが、弊社では、ノウハウを蓄積した正社員が行います。
○コールドコンタクト率(代表電話から):
従来型では、20~30%(弊社顧客からのヒアリングより)弊社では、平均55%です。
○アポ精度:
弊社では、商談・提案書作成レベル、従来型では、表敬訪問レベルです。
○獲得結果の活用:
弊社では、導入状況・課題・ニーズ・役職者等、といった市場データとして活用可能ですが、 従来型では、使えるデータがほとんどない。

これから、企業間のマーケティング業務全般を行う専門会社の必要性と弊社が行う「電話道」 をはじめとしたマーケティング支援サービスを多くの企業に知って頂き、お役立てできるように していきたいと考えています。
何か少しでもマーケティングについての課題やお悩みの事があれば、ご連絡頂けたらすぐに対応致します。

宮内 

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。