【メールの落とし穴~古いデータの問題】

古いデータの問題~メールの落とし穴についてお話します。

■メールの落とし穴

入社したらほとんどメールアドレスは変更されないが、部署や役職は変わります。
 →結果、不着にはならないが役に立たないメールキャンペーンが多くなる
 →定期的なクリーニングが必要

■展示会と比較したらどうなるか?
 →展示会で700万円かけて1000名の新規データを獲得した→1件獲得費用7,000円
 →競合や関係ない業種x規模(士業や学校など)を除くと20%が自社のターゲット→

   1000名x20%=200名→1名あたりの獲得費用は3万5千円

※過去に収集した古い見込み客は1名が3万5千円相当だという理解!

■1名3万5千円の価値がある見込み客を捨てるか?それとも生き返らせるか?
 →生き返らせるには2つの手段

①プロファイル変更専用のランティングページを作成し誘導←但し、インセンティブが必須
②電話によるクリーング作業を実施(例えば1件1000円は高いか安いか?)

というような作戦が考えられます。

メールはタダだからと考えているとまったく役に立たないメールマーケティングを

実施していることになります。

2012年2月19日(日) 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員