アクセス解析の活用

“Webマーケティング”というと多くの方が、「SEO」や「アクセス解析」といったことを 思い浮かべるかと思います。
弊社では、SEOについてはあまり熱心にご提案しておりません。 他社が色々とがんばっているので、そこに参戦しても意味がないこともあります。
ということで、アクセス解析については色々とご提案できます。

ほとんどのHPにはアクセス解析のツールが導入されていると思います。
その理由として Googleが提供している無料のツールの存在が大きいかと思います。
これは、HPのソースを見れば誰でもわかりますので、新規訪問の企業調査時に 必ず見るようにしています。

で、GoogleAnalyticsを使用して、なにを見ているのでしょうか?と聞くと 「PV数」「離脱率」「訪問時間」などといった答えは出てきますが、じゃあそこでわかった データを活用していますか?というとほとんどがなにもしていないという回答になります。
これは、恐らくWEBサイトの担当者しかみていないため、WEB担当にとっては 「PV数」「離脱率」などが評価の対象になるからだと思います。

じゃあアクセス解析を営業で有効に活用するにはどうすればよいのでしょうか。
一番シンプルなのは、アクセスのあった会社に電話をすることです。

しかし、IPアドレスやドメイン名だけでは、会社の状況がわかりません。
WHOISなどで調査すればいいですが、毎回やるのも非常にめんどくさいことです。

I&Dでは、その問題を解決するべく、企業名がわかるアクセス解析ツールを用意して おります。
企業名がわかるだけでなく、業種や売上規模などもわかります。
そのため、「うちは製造業しか顧客にならない」といったところも簡単に振り分けが 可能です。

他にもアクセス解析を使用した営業活動方法はたくさんあります。 興味があれば問合せしてください。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。