効率的な見込み客管理を行い、売上拡大に繋げるには・・・

見込顧客のデータ管理をしているが、データ量が多すぎて、 どの見込み客に優先的にアタックしたらいいかというお悩みは ございませんか?
弊社では、見込み顧客管理指標として、独自に考案・開発した SI-DEPTH分析というものがあります。 (※BtoCのRFM分析に相当するものです)

SI-DEPTH分析とは、
・ S = Size (売上、従業員数)
・ I = Industry (業種)
・ D = Department (部署)
・ E = Event (イベント、展示会、セミナーなど)
・ P = Promotion (販促)
・ T = Title (役職)
・ H = History (履歴情報(コール、営業、クリックカウント等))
のことです。

991359fd40

弊社では、これらSI-DEPTH分析のスコアリング機能の考え方を使い、 優先順位高の見込み顧客管理を行うことができ、優先順位高の 企業の抽出を行うことが可能となります。
その結果、効率的で有効なアプローチができ、売り上げ拡大に 繋がります。

弊社では、この機能を自社開発したクラウド型リード管理システム であるDr.Marketingに組み込む予定です。
効率的な見込み顧客管理を行いたい!または、多くの見込み顧客 データ保持しているが、どのようにしたら効率的で有効なアプローチ ができるのかでお悩みのお持ちの企業様、 是非一度、弊社にお声掛けください!!

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。