口癖が原因で受注にいらたない営業マンがいる(かもしれない)

癖というものは誰にでもあるものですが、なかなか 自分では気がつかないもの。
中でも口癖とうものは営業マンにとっては非常に厄介なものです。

——

昔、新人の営業マンに同行してお客様の所へお邪魔した時の話。 新人にトークを任せて聞いていると、なんだかものすごく 頼りのないトークに聞こえます。
紹介しているサービスが、フニャッとしたサービスに聞こえ、 サービスとして完成していないという印象を受けます。

原因は新人の子の口癖でした。 彼の口癖は「一応」。
新人の子「コチラのメニューから一応、ファイルをアップロードすることができます」
お客様「ファイルを削除する機能はありますか?」
新人の子「一応、可能です」
お客様「月額費用はいくらですか?」
新人の子「一応、2万円です」

「一応」という言葉には 「完全ではないが、ひととおり」「仮に」「さしあたり」 という意味があります。
「一応アップロード出来る」といわれても、できるのかできないのか分かりません。
「一応2万円」ということは、明日には3万円になっているのかも知れません。

当然、受注には至りませんでした。

——

と言いつつも、私自身も口癖があるかもしれません。 自分で気がついていないだけで。 会議や営業同行、ロープレ等の際には互いの口癖に注意してみると 「邪魔となっている口癖」に気が付くかも知れません。
私の口癖に気付いている方がいらっしゃいましたら 遠慮なくご指摘くださいませ。。。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。